育児・出産・自閉症

周りと同じことをする難しさ。

周りと同じことをする難しさ。

以前の記事

【 出来ないとう事の認識 】の続きになりますが…

今回は

周りと同じことをする難しさ

 

自閉スペクトラム症を認識させられた日

1歳から保育園に通い始めた息子。

その保育園が潰れたのは2歳半くらいの時でした。

まだ小さくて変わった時は何も思いませんでした。

そのまま運動会も特に問題なく。

行事も特に何も無く。

私は気づいていませんでした。

次に転園したのは、5歳。

私の再婚の為、引越し先の園に転園になりました。

その時の健診で自閉傾向があると言われたのですが…

7月、小学校にて夏祭りがありました。

盆踊りを幼稚園、小学校の子と踊ります。

広い校庭。沢山の人。

不安でいっぱいだったのか、指を加えて先生に手を引かれ…踊れないまま赤ちゃんの様に校庭をグルグル。

私はその時初めて、この子は自閉症なんだと自覚した時でした。

軽いと言われたし、傾向だけだし。まぁ今まで大丈夫だったし出来るでしょ!って軽く考えていました。

転園してからはグズグズ言ってたものの、前の保育園でもママーと朝泣いてた時もあったので特に何も思わず。

そんな息子が1人だけ何も出来ずボーッと突っ立っている姿を見て、正直衝撃的でした。ショックは大きかったです。

じっくり慣れれば出来ることもある!

出来ないことも沢山ありますが、慣れたら出来るようになることも沢山。

その4ヶ月後の小学校での合同運動会は毎日の様に小学校まで行き、練習をしたそうで、運動会は無事皆と一緒に演目に参加出来ました。

認識し始めたのに出来るのか?

6歳になり自分と他人の差を認識し始めた今、同じことが出来るのか?

不安になって行きたくないと言ってる。
余計に本人は辛いだろうな…

お話を1度先生としないといけないと思い、園長先生と少しけん玉や運動会についてお話をしてきました。

運動会については頑張って練習しているので私が思っていたより実際出来ています。

見守ってください!

との事で、とりあえず落ち着く。

けん玉。

実は息子の保育園は特にけん玉を年長さんは力を入れていて去年の年長さんはもしもし亀よ亀さんよを1000回とかめちゃくちゃ早くやる!等していて…

正直難しすぎる。

大人になった私でもけん玉出来ないのに。

そのけん玉で息子は出来ないことに不安を抱えて、やりたくないと言っている。

実際、去年の発表会ではできない子は出来るまで立たされてやらされていた…

恥をかかない?自信を無くさない?

発表会が心配…

人より習得に時間がかかるし、とっかかりも難しい。

園長先生に思っていることをお伝えしました。

とりあえず自信を無くさない様に家で出来ることを教えて頂きました。

プリンやヨーグルトのカップに紐をつけ、先端に新聞紙を丸めたものをテープでグルグル巻にしてボールを作り、紐にくっつけます。

あまり紙ボールが重すぎるとやりにくいようなので新聞紙等で!との事で早速制作。

簡単ですがこんな感じに出来ました!

どっちが早く入れれるか!

とゲーム感覚で楽しくすることを園長先生に勧められました。

勉強勉強という感じややらないと!ですると嫌がりやすいとの事でした。

結果、スムーズに出来ました!!

楽しそうに10分ほど練習し、嬉しそうでした。

練習練習!

自信がないと出来ないという特徴

息子の場合、心理の先生に言われたのは、120%自信がないと無理!と言ってやろうとしない特徴がある。ということ。

興味をもたせたり、やりたいという気持ちをそがないように。

楽しく!!

いや、これってほんと難しいんです。

ずっと怒らずにこの子と向き合うことは私にとってはとても難しいです。

私の怒りっぽい性格のせいなのか…どうしても何で出来ないの!何で諦めるの!って怒ってしまいます。

その度に自己嫌悪。

私も戦っています。

ゲーム感覚で入るかな?!

やったー!!出来たー!!

これで行こう!と思いきやなかなか難しい( 笑 )

ただこれで、けん玉の雰囲気は掴めるそうです。

これで出来たら自信もつくかな??

1歩1歩、頑張って成長しているこの子達。

見守って行こうと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。